Copyight (C) mitsuwahome CO,.LTD All right Reserved

TEL(052)581-5913       株式会社ミツワホーム

集成材について

ホルムアルデヒドの放散量はごくわずか
集成材に使用する接着剤はホルムアルデヒドを含まないか、もしくは含んでもごくわずかのもので、
その放散量も居住空間に面する製品については、JASF1相当が主流になっています

含水率が通常木材50〜200%の水分を含んでいる為、乾燥が不十分だと強度低下、反りや割れを生じてしまいます。
集成材用の木材は天然乾燥に加え、更に乾燥装置で木の細胞膜中の水分まで放出させ、含水率15%以下まで反り、
割れを防ぎ、強度アップを図っています。
強度は天然木に比べ1.5倍の強度を実現しています。
断面の大きい集成材は防火性能も高く、木は燃えますが、断面が大きくなると表面が焦げて
炭化層ができ、酸素の供給が絶たれ燃え難くなり、1000℃以上になっても必要強度が保たれます。

特徴として強度・防火性能・断熱保湿性・吸音効果・調湿能力など優れた特性を有しています。
集成材はその木材を科学の力でより優れた品質に仕上げ、木ならではの長所をパワーアップした画期的な建築材料です。

集成材とはひき板もしくは小角材等を集成接着した素地のままの集成材、ひき板の積層による
素地の美観を現した集成材またはこれらの表面にみぞ切り等の加工を施したものであって主として
構造物等の造作に用いられるものをいいます。